オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

それだけの価値がそこにあるのか。

6月上旬、大好きなT-SQUAREのライブに行く。

例の如く、殆どアルバムを聴きこまないまま。

そこには古参も新規も関係なく、彼らの世界に酔いしれる仲間がいた。

明らかに年季の入ったファン。

比較的若いファン。

中には複数会場を追っかけする強者も。

何もT-SQUAREが好きな人達ばかり。

その心地良さと言ったら!

何処ぞのヲタとは違い、「新規は来るな!」と主張することもない。

自身のファン歴を誇示することもない。

コレが本来の姿だよな、と私は感じた。

そして、こうも思った。

たかがチケット1枚で一喜一憂すること自体、何かが狂っているのではないか、と。

確かにそこは夢の世界だけど、本当にそれだけの価値があるのか、と。

会場が一体となり、一つの音楽に酔いしれるひと時。

忘れかけていた歓びが私に問い掛けるのだ。

それだけの価値がそこにはあるのか、と。

 


チケットが入手出来れば、ラッキー。

仮に駄目だったとしても、その分他の何かに使うことが出来る。

そう思った瞬間、気持ちが楽になった。

それより11月のライブに行くことの方が私には楽しみだ。

ちょっとした遠征さえ楽しみに変える。

それだけの魅力は彼らにはあるから。