オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

タブレット端末の使い道

殆ど活用していないタブレットがあった。
我が家では唯一のAndroid端末で、正直動作は鈍い。
恐らくAndroidのバージョンが古すぎるのだろう。
事実、一部のアプリはインストールすら出来なかった。
そんなタブレットだが、先日設定画面を確認したところ何と空き容量が1GBを切っていた。
必要なアップデートも行えない状態で、これはマズイとアプリの整理を行うことにした。
といっても、実はさほどインストールしていない。
LINEゲームが2種類に、SNSアプリが幾つか。
他には電子書籍用アプリを入れていたが、何れも容量は少ない。
では、どのアプリが圧迫しているのか。
Googleで検索したところ、メモリを解放すれば容量が増えるとある。
早速試してみたが、気休めに過ぎず。
次にプレインストールされているアプリを順次削除していく。
キャリア関連のアプリはスムーズに削除出来るが、Google関連となるとアップデートを中止するしか術はなさそう。
そんな中、Googleフォトが削除可能であることに気付く。
元々iOS端末で利用しているものだし、Android端末から削除したところで悪影響はない筈。
そう考えた私は躊躇うことなく削除。
すると、あれだけ少なかった空き容量は6割強となった。
元凶はGoogleフォトか。
そんな訳で、どうにか内部ストレージのダイエットに成功したタブレットは以前よりも少しだけ動作が軽くなった。
これなら日常的にも利用可能と判断した私は、早速電子書籍専用タブレットとして持ち歩いている。
スマホリングを背面に装着したので、移動中でも快適に読める。
一時期は専用タブレットの購入を検討していたが、手持ちのもので代用出来て本当に良かった。