オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

iPhone7のREDは魅力的だが。

iPhone8が発売されてから、早くもひと月が経過している。
正直新しいiPhoneに切り替える予定はさらさらなかったものの、半ば本気でiPhone7plusの購入は検討していた。
iPhone7には何ら不満はないが、老眼の身には少しでも大きなディスプレイは有難い存在な訳で。
だったら、思い切ってiPhone7plusに切り替えようかと考えた次第。
これまでの経験上、旧モデルは少しだけ値下げされるしね。
ところが、だ。
予想通り価格の改定は行われたものの、肝心のレッドモデルが販売中止となってしまった。
仕方がない、来年まで様子を見ることにしよう。
そう心に言い聞かせたものの、何処かに在庫があるのでは?と諦めきれない思いだった。
そんな折、偶然通りがかったiPhone売り場に憧れのレッドモデルが。
聞けば、iPhone7plusであれば在庫があるという。
一瞬「では、契約します」と言いかけたが、すぐに思い留まる。
というのも、そのiPhoneはキャリアが「やわらか銀行」だったから。
今更「やわらか銀行」に戻る気はさらさらないし、出来ればsimフリー機が欲しかった私は咄嗟にこう答えていた。
「でも、購入してから1年経っていないので。」
やはり縁がなかったのだ…と諦めると同時に、無駄な出費が抑えられたことに安堵した私である。
あ、来年はゴールド(若しくはシルバー)のiPhone8plusに機種変更しようと企んでいる。