オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

他人の振り見て我が振り直せ

その時私は、座席に座ってメールを確認していた。

勿論、iPhoneはマナーモード。

一切の音が漏れない筈だった。

そこに聞き覚えのあるメロディ。

あれ、誤って音を出していたかな?と一瞬戸惑う。

いや、ツムツムなら車内でやらないようにしているし、うっかり立ち上げた訳でもない。

現にディスプレイに表示されているのはメールだ。

では、あの音は何処から?

 

程なくして犯人はわかった。

真向かいにすわっている、サラリーマンらしき男性だ。

流石に音は絞っていたものの、マナーモードに切り替えないままツムツムに励んでいる。

なるほど、外部から見るとかなりアヤシイ人だな。

間違っても人前でツムツムはするものではない。

そう思っていたら、1人の若者が男性の隣に。

当然、音に気付く。

無言で睨みつける若者。

漸く男性はマナーモードを設定し、何事もなかったかのようにツムツムで遊び始めた。