オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

人身事故の影響で地下鉄が止まった。

いつものように地下鉄に乗る。

とある駅に停車した際、停車時間がいつになく長かった。

何故発車しない?とまで思ったものの、程なく動き始める。

この時、車内アナウンスでは人身事故の影響でダイヤが乱れると伝えていた。

それでも地下鉄は動く。

この調子だと何とか帰れそう。

そう思った矢先、次の停車駅で運転見合せを知る。

このまま乗車してもどうにもならないのだ。

幸い、別の交通手段を使えば最寄り駅まで行ける状態だった。

急いで地下鉄を降り、改札を抜け、別の私鉄駅へと足早に歩く。

予想以上に遠かったけど、それでも車内に拘束されるよりはマシだ。

タイミングよく電車が到着していて、しかも空いていた。

最寄り駅はそこから二駅。

座席に座るよりもドアの近くで立っていたかった。

そうして到着した最寄り駅。

なんだか疲れたけど、無事に帰ることが出来て良かった。

と同時に、自分にとって都合の良い駅で地下鉄が運行停止したことにも感謝。