オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

パスワードにまつわるアレコレ

密かに悩んでいることがある。
インターネットバンキング用パスワードのことだ。
定期的に変更する必要があるのは重々承知であるが、一度設定したパスワードは二度と使えないとなると流石に頭を抱えたくなる。
それでなくとも記憶力の衰えたアラフィフ、新たなパスワードを覚える自信もない。
勿論、万一に備えて記録はしてあるものの、ログインの都度確認するのも億劫な訳で。
他にも覚えるべきパスワードが幾つもあるから、心底頭を抱えている。
そこで私は考えた。
数字の部分と記号の部分を予め決めておき、残りの部分(英文字を入れることが義務付けられている)はその時の気分で(!)適当な言葉を入れれば良いのだ、と。
例えば、お酒が飲みたい気分だったら「sake」。
無性にケーキが食べたくなったら「cake」という具合に。
この方法を取り入れてからはパスワードの設定が楽になったが、今度は英文字部分を何にするかが一向に思いつかない。
適当な文字列にすると覚えることが出来ない。
あまりにわかりやすいものだとシステム上問題がある。
そんな私の救世主は「人名」。
特に芸能人の名前は個性的なものが多いので、悩んだ時はここからヒントを貰う。
問題は「この名前、気に入った」と思えるモノが少なくなっていることだが、そこは割り切らないとね。