オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

アールグレイに嵌る

アールグレイに嵌っている。

偶々入手したティーバッグで入れたアイスティーが忘れられず、近所のスーパーにてティーバッグを買ってきたのだ。

但し、最初に飲んだものとは似て非なるもの。

香りも乏しいし、味も今ひとつ。

ティーバッグにもランクがあるのだ、と改めて感じている。

それでも通常のものよりは飲みやすいので、今後も買い続ける予定。

いずれは茶葉で入れたいけど、当面は無理だろうな。

さて、このアイスティーを何処で飲むかと言えば、専ら派遣先。

水筒に入れたものを持参しているけど、市販のお茶よりもリフレッシュ出来るから不思議。

実は他の茶葉でも試したけど、美味しいと感じたのはアールグレイのみ。

これがホットであれば違ってくるのだろうけど、ね。

そんな訳で、今年の夏はアールグレイをとことん味わうつもり。

今度専門店でも探してみようかな。