オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

社団法人なのに、ね。

最近、とある協会のブログが頻繁に更新されている。

あくまで集客を目的としているから、記載内容も「こういう魅力がありますよ」とか「こういうイベントを行います」といったものが中心。

頑張っているな…と思う反面、内情は火の車かも?と穿った見方をしてしまう自分。

現在は正会員ではあるけど、今後目立った活動をする予定もないし、きっと休会するのだろうな。

更新手続の案内が届いたなら…の話だけど。

事の発端は3年前に遡る。

会員は年に一度更新手続きを取る必要があり、うっかり失念すると会員資格は失効する。

本来であればひと月前には案内の書類が届く筈だが、協会側の手違いにより更新案内は届かなかった。

結果会員資格が失効された訳だが、理由が理由だけに慌てて連絡してきたのは協会側。

既に入金期日は過ぎていたものの、特例で受け付けると記されていた。

その時は更新時期に気付かなかった私にも非があったので、さほど何も感じずに手続きを済ませた。

ところが、である。

私の更新月は毎年12月なのだが、1月に入ってからも更新案内が届かないのだ。

内心「またか…」と呆れながらも、取り敢えずは低姿勢でメールを送ってみる。

すると「今年度より更新案内書類の郵送は廃止しました」とのこと。

まともな組織であれば、きちんと書面にて更新手続きを済ませるものだろうに…と思ったものの、「郵送料を節約しなければならないほど、財政面が厳しい」と解釈し、この時も更新手続きを済ませた。

但し、Facebook等で活動をアピールする記事を見かける度に「内情はどうなのかしら?」と勘繰るようになっていたが。

そして、今回。

例の如く更新月はとっくに過ぎており、相変わらずメールの一つも届いていない。

流石の私も不信感を抱き始め、敢えて年末年始の休暇を狙って「更新案内が届いていませんが、どうなっていますか」との問い合わせをしてみた。

案の定事務的な連絡があり、実は規約が改正されていたことを初めて知る。

会員サイトにアクセスしない私も私であるが、こういう重要なことは事前にメールで伝えるのが筋じゃないのか。

おまけに準会員は廃止されており、正会員か休会かの二択になっている。

要するに「会費さえ払えば」それで良いのね。

一瞬休会することも考えたが、取り敢えずは今年一年様子を見ることにした。

仮に更新案内が届かなくとも、私からは一切連絡は取らないつもりだ。