オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

gift

聴きたいアルバムがあった。
iTunesStoreでも配信されていることは確認した。
予め一定額をキープしてあるので、私さえその気になればすぐに購入可能だった。
それでも、その時は保留にした。
一通り試聴してからでも遅くはない、と判断したので。
そうして朝を迎えた。
 
いつものようにゲームアプリを立ち上げ、いつものようにログイン実績を残して。
そうして私はリマインダーを開く。
ブックマークの類や購入検討中のアプリ(若しくは楽曲)をここに記しているからで、当然この日の目的は昨夜購入を検討していたアルバムの視聴。
Safariマークをクリックすると、何故か立ち上がったのはAppleMusic。
てっきりiTunesStoreだと思ってたので、少しだけ拍子抜け。
けれど、次の瞬間私は笑顔になる。
購入を検討していたアルバムの全曲がAppleMusicで配信されていたので。
月額料金さえ負担すれば、好きなだけ音楽を再生出来る点は非常にありがたい。
日常的に聴きたいのはインストメンタルである私にとって、AppleMusicで配信される音楽には魅力的なものが多い。
こちらから検索することもあるが、多くの場合Apple側より提示されたもの。
時には「???」と思うプレイリストもあるが、中には「よくぞ提示してくれた」と感激するものもちらほら。
最近では和楽器を中心としたプレイリストがツボに嵌っており、毎晩のように耳を傾けている。
そして今日、新たな一枚がお気に入りの仲間入りをした。
ちゃっかりダウンロードも済ませたので、オフライン再生も可能な状態。
当面はこのアルバムの魅力に浸ることとなりそうだ。