オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

さて、パスワードをどうしようか。

私にとっては切実な問題なのだが、定期的にパスワードの変更を求められる某サービスが苦手だ。

その性質上、定期的に変更しなければならないことは理解しているものの、文字数の制限は言うまでもなく、英文字・数字・記号の全てを使えと言うから、頭が痛い。

と言うか、そんなの覚えられませんけど?(素)

ランダムに作る方法も知ってはいるが、己の馬鹿さ加減を知っているので、それも出来ず。

余談だが、4桁の暗証番号を山の標高にしていた人を知っている。

なるほど、これならバレにくいだろう。

但し、どの山の標高で設定したのかを覚えていたならば…の話。

そう、その人は完全に忘れていた。

ロックされたキャッシュカードのその後を私は知らないが、さぞかし面倒な手続きを踏んだことだろう。

そうした現場に遭遇してしまったこともあり、無意味なパスワードは怖くて設定出来ない。

悩んだ挙句、私なりのルールを決める。

ある特定の数字と、ある特定の記号を必ず取り入れること。

ただそれだけのことで、気持ちはとても楽になった。

英文字だけ考えれば良いのだが、その時の気分で英単語の時もあれば、ローマ字表記のこともある。

数字との組み合わせ方もその時の気分次第。

それでも、どうにか記憶は出来る。

現在の悩みは次に使う英文字をどうするべきか。

ついでに数字も変更したいし、記号も変えたい。

馬鹿な私でも印象に残る数字が何処かにないものか。

あ、「1Q84」という手もあったな。

(実際に使っている人は少なくないとみた)

iPhoneから送信

iPhoneから送信