オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

やはり標準アプリは使えない

私のiPhoneには沢山の画像が保存されている。
大好きな薔薇を撮影したもの。
スキャナーで読み込んだアイドルの写真。
他にも色々あるが、正直標準アプリの検索機能は使えない。
例えば、猫の写真が見たいとする。
数は少ないが、近所の野良猫を撮影することはある。
で、その写真を探そうと検索窓に「猫」と打ち込む。
そこに現れたのは「猫を抱いたアイドルの写真」だった。
確かにスキャナーで読み込んだが、だからといってその写真を出さなくても。
次に「花」と打ち込む。
やはり「花を抱いたアイドルの写真」が検出される。
今は写真の大半を削除した為、「猫」も「花」もちゃんとした写真が表示されるが、写真が1万を超えていた時などは…。
あ、未だに「花嫁」で検出されるのはアイドルの写真だけど。
その点、Google先生は流石だ。
膨大な写真の中から「猫」の写真だけを拾ってくる。
(どう転んでも猫に見えないイラストも検出されたが)
「花」も同様で、ほぼまともな結果が表示される。
ま、某アイドルの写真(花は抱えていない)が混ざっていたのはご愛嬌ということで。
どうやら日常的に使えるのはGoogle先生の方らしい。
標準アプリ、嫌いじゃないけどね。
これじゃ保管庫以外の使い道はないぜ。