オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

空気が読めない人達

ある時期を境に、ブログのコメント欄には目を通さなくなった。
まるで信者のようにブログ主を持ち上げる光景に寒気がしたから。
いや、真面目な話、そういうブログは存在する。
忘れもしない、ブログ主が放った一言。
私が情報を流すのだから、アメンバーの皆さんはそれに対してコメントを返すのが筋だ、と。
さらに、こんな言葉も添えられていた。
情報のみを受け取り、何らコメントを残さない人はアメンバーから外します、とも。
この発言に対するコメントが凄かった。
まるで教祖に群がる信者のように縋り付く言葉で溢れていたのだ。
異様な光景とはこのことを指すのだろう。
当時アメンバーの一人であった私はIDそのものを削除することでそのブログから離れた。
その気になれば見つけることは可能だろうが、二度と関わりたくない。
話は反れたが、あの一件以来コメント欄には無関心だった。
唯一の例外が定期的に閲覧しているブログで、基本的にブログ主はレスをしない姿勢が気に入っている。
勿論、コメントを残す人達も節度をわきまえていたし。
ところが、いつしか「思ったことは吐き出さずにはいられない」タイプの人達が出没するようになった。
個人ブログ故全てを記す訳じゃないし、ある程度は「盛って」いても不思議ではない。
そこまでしなくとも、敢えて触れない部分がある訳で。
けれど、「思ったことは吐き出さずにはいられない」人達には想像力が欠けているらしく、それこそ自分だけが正しいと言わんばかりに持論をぶつけてくる。
ブログ主は一切反応しないのだが、やはりここにも信者はいて、頼まれもしないのに反論してみたりする。
当然、議論になる。
レフリーはいない。
多い時には100件以上のコメントで溢れるようだ。
最初のうちは参考になる意見もチラホラ見受けられたので積極的に閲覧したが、この頃は「空気が読めない」輩ばかりで疲れてしまう。
いっそコメント欄を閉じては如何?と忠告したいくらいだ。(それこそ余計なお世話である)
これが会議であれば、活発な意見が飛び交うことは決して悪くはない。
自分の考えと、その論拠となる事柄さえ押さえてくれれば、参加者は耳を傾けるだろう。
けれど、ここは個人ブログ。
読者に問いかけていたならまだしも、ある意味事後報告の記事に意見すること自体筋違いに思うのだが。
で、私は密かに推測する。
言わずにはいられない彼らは「決断×堅実」さんじゃないか、と。
「協調」さんはコメントするまでに相当の時間がかかるし、まして意見を書き込む度胸はないだろう。
「創造」さんは一々コメントしない気がする。
「決断」さんは文字通り決断力があるし、「堅実」さんは違うと感じたことには異を唱えるだろう。
決してブログ主が求めていないアドバイスであっても、彼らにとっては「伝えるべき」アドバイスなのだ。
でもさ、少しは空気読んだら?
場の空気を壊してまで書き込むこととは到底思えないのだ。
ま、それがわからないからコメント出来る訳だし、こういう場でしか発散出来ない人かもしれない。
とはいえ、この手の人多過ぎないか?
見ていて不愉快になる。

ということで、当面コメント欄は見ないことにしよう。