オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

言葉に拘るなら、自らの言動にも留意すべきだ。

言葉に拘る人は多い。
本来の意味に固執し、何かと揚げ足を取る人。
誤変換が目立つ人に対し、注意力が散漫だと言い切る人。
発言者に他意がないとはいえ、その言い回しに納得が出来ず、つい強めの口調で注意をする人。
何れの場合も気持ちはわかるが、余程親しい間柄で、かつ、そういった忠告に耳を傾けるだけの器の持ち主でなければ余計なことは言わない方が賢明だ。
何しろ相手は逆切れする可能性があるし、場合によっては注意したこちらの方が(空気を読めない)馬鹿者にされてしまう。
勿論、立場上注意をしなければならない場合はその限りではない。
それでも刃向う輩は所詮その程度の人間。
心の中で悪態をつくしか術はないだろう。
さて、ここからは推測の範囲。
発言者とは面識がないし、事実関係を確認する術もない。
それでも、仮にそういった言動をしているならば…という前提で、疑問に感じたことなど。
その方は職業柄言葉に対する拘りが強く、本来の意味からかけ離れた言葉の使い方がお好きではない様子。
例えば、コンサート会場に足を運ぶことを「参戦」と言う人は多いが、それに対して「別に戦場に足を運んでいる訳でもないのに」と苦言を呈したとか。
例えば、ファンの人たちがある特定の言葉を使って自分たちのことを言い表していることに対して、自分にとっては「ファンの人たち」以外の何物でもないと発言したとか。
きっと自身の言葉に一喜一憂する(愚かで、盲目的な)ファンの態度に嫌気が差しているのだろう。
気持ちはわからなくもないが、そういった言動は如何なものか。
そんな風に見ているせいか、時折その方が発する「意味不明な言葉」にイラッとする私がいる。
どうやらある英文(短文)をそのまま日本語に置き換えて表現しているようだが、言葉に対する拘りがあるなら「教養のない」私にでも理解出来るような平易な言葉を選ぶべきだ。
いや、平易でなくてもいい。
日本語として成立している言葉であれば、辞書を引くなり、文献を探すなり、自分なりに努力はする。
けれど、その方が選んだ言葉は明らかに違う。
「これは英文なのです」と言われたところで、「何処が?」と聞きかえされるのがオチ。
きちんとした英文であれば、やはり辞書を引くよ。
何しろ「教養のない」私なので。
ま、(愚かで、盲目的な)ファンであればニュアンスを汲み取れるのだろうけど。