オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

手書きメモ万歳。

私は文字が大きい。
どれぐらい大きいかといえば、普通罫のノートですら書きにくいと感じるレベルだ。
理想は白紙もしくは方眼であり、最近愛用しているノートもやはり方眼。
これに太字用のボールペン(といっても0.7ミリ)で文字を書き込み、iPhoneで撮影するのがこの頃の習慣だ。
因みに、撮影するのはスキャナアプリ。
直接iPhoneのカメラで撮影しても良いが、万一に備えてアプリ内にも保存している。
勿論、カメラロールにも同じものを残し、不要となった時点で削除している。
人によってはEVERNOTEの方が便利だろうし、他にも使い勝手の良いメモアプリは幾つもある。
私自身、お気に入りのメモアプリが複数あるが、それでも手書きメモに拘るのは「直接書き込む方が何かと楽」だから。
タッチペンで書き込むことも可能とはいえ、いざ書き込むとなると綺麗に書けない。
それでなくとも悪筆なのに、これでは情けなくて見返す気にもなれない。
故に、買い物メモは専ら手書き
これを画像に残すことで備忘録代わりに利用出来るし、旦那のiPhoneにも転送可能。
お陰で買い忘れもなくなったし、肝心のメモを忘れる失態もなくなった。
やはり手書きに勝るものはないかも…と改めて気づく、この頃の私である。