オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

だから、詐欺はなくならないのか。

とある有名俳優の名をかたった迷惑メールが届いたことがある。

大半の人がそうであるように、私もまた、性質の悪いスパムメールとして即座にゴミ箱へ。

一応文面には目を通したものの、少なくともその俳優が醸し出す雰囲気とはかけ離れており、誰が見ても偽物とわかるようなレベルの代物だった。

因みに、このメールには後日談がある。

今度はマネージャーを名乗る人間よりメールが届いたのだ。

百歩譲って、これらのメールが本物だとしよう。

わざわざ私ごときを選んでメールしてくれた点には感謝するものの、そのアドレスは何処から入手したのか。

ファンクラブに入っている訳でもなく、そもそもその俳優にはさほど興味のない私の存在などどうやって知ることが出来るのか。

…などと、冷静に考えてみると怪しいメールであることが判明する。

ま、そこまで考えなくともスパムであることは明白だが。

ところで、以前こんな話をブログで目にしたことがある。

そのブログはあるアイドルを応援する人が立ち上げたもので、当然その名用もアイドルに関連するものが中心。

時折二次小説と思われるものも掲載しているようだが、内容が内容だけに、それらの多くは非公開(アメンバー限定)としている。

で、縁あってそのブログのアメンバーとなった私であるが、最初にその記事を読んだ時には「この人、凄い!」と本気で思った。

その内容というのが、あるドラマ(原作は漫画で、モデルとなった人物が存在するか否かは確認していない)の技術指導(そのブログではモデルとされていたが)を行った人物よりメールがあり、あれやこれやと話を聞いたというのだ。

確かにそのブログは人気ブログであり、固定客も多い。

けれど、今一度冷静に考えてみよう。

わざわざ個人ブログを立ち上げている素人に対し、「私があのドラマのモデルです」と名乗る人物が直接コンタクトを取ったりするものだろうか。

ブログ記事の大半が非公開であり、かつ、詳細なプロフィールが公開されている訳でもない一素人に。

というか、軽々しく「私があのドラマのモデルです」と名乗り上げる人物など本当に信用出来るだろうか。

尤も、件のブログ主はその人物を本物と信じて疑っていなかったし、その記事を読んだ人間(含む自分)もそれを事実として受け止めていた。

要するに、人間というのはたやすく騙されてしまうものなのだ。

さて、話はつい最近の出来事。

件のブログ主が主張する暴言についていけず、アメーバIDごと削除してしまった私であるが、実は何かのネタになるかも…と一部記事の魚拓を残していた。

いや、その魚拓すら不愉快なので削除してしまったが、内容確認の為にちらりと目を通したところ、信じがたい記述があった。

某アイドルの関係者(それもかなり近い存在)を名乗る人物宛にメールを送ったというのだ。

ブログ主はその関係者の素性を明かしていないが、文面から察するところ、アイドル本人と気軽に話が出来る様子。

もしかして親しい友人の一人かも…とも考えたが、仮にそうだとしても素性のわからぬ一ファンにコンタクトを取るとは思えない。

例えそれがファンブログの書き手であっても、だ。

故に、私はその人物が本物とは思っていない。

恐らく関係者を名乗る偽物だろう。

けれど、ブログ主は言うまでもなく、そこに集う信者(と敢えて書く)は皆その話を信じており、疑う気持ちは微塵もない。

これは奇妙な光景だ。

「類は友を呼ぶ」と言われればそれまでだが、それにしては異様じゃないか。

教祖様(ブログ主)が「黒」と言えば、信者達も「黒」と答える。

教祖様が「これはおかしい」と言えば、信者達も反論することなく「その通り」と答える。

稀に異を唱える信者もいるが、教祖様の巧みな弁舌によってねじ伏せられるのが関の山。

やがて疑義と唱えるものもなく、不信感を抱いたものは黙って立ち去るしか術がない。

おっと、話が逸れた。

それにしても何故、ブログ主はあっという間に相手を信じたのだろう。

アイドルの関係者と言っても、それを証明するものは何もない。

しかも、相手との接点はメールのみだ。

ここから先は推測だが、自分にとって心地良い言葉を並べられたか、はたまた自分にとって都合のいい情報をちらつかせてきたのか。

何れにせよ、それなりに人生経験を積んできたブログ主だが、呆気なく陥落してしまった様子。

今後も思わせぶりな情報に振り回され、極秘情報として信者達にばら撒くのだろう。

iPadから送信