オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

未練はありません

あるブログの読者だった。

読者登録しなければ読めない記事もあったから、きちんと登録した。

それだけの魅力はあったし、あの頃は積極的に閲覧していた。

そう、過去形だ。

いつからだろうか、記事そのものに魅力を感じなくなり、閲覧すらしなくなった。

理由は単純。

あるアイドルのことで誹謗中傷と思われる言動をしたのだ。

恐らく週刊誌か何かの記事を鵜呑みにしたのだろう、ファンが読んだら激昂しかねない内容だった。

事実、一部ファンから反論があったが、問答無用で切り捨てていた。

この人苦手だな、と思った瞬間だ。

実はこの人、別件でもガセネタをWeb上に流した前科がある。

勿論、訂正などする筈もない。

そういう人の暴言である、信用に値しないことは明確だった。

もっとも読者登録だけは残していたが、今回それすらも解除することに。

というのも、改めて読者登録を申請するように促されたから。

表に出せない記事ばかりを書いていた人だ、アンチ(とその人は言う)が入り込んだという理由でブログの再構築を図っているのだろう。

気持ちはわからなくもないが、そこまでして読者でいる必要もない。

ということで、この機会にバッサリ。

もっと早くに決断すべきだったと本気で後悔している。

iPhoneから送信