オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

1%ですか?

出掛ける前、確かにバッテリーは消耗していた。

50%だったと思う。

けれど、既にiPod touchと化したiPhone5

すぐに充電する必要はないと考えた。

事実、帰宅後potcastを楽しむことが出来たのだ。

ということで、バッテリーのことなどすっかり忘れていた。

あの画面を目にする迄は。

突然警告が現れ、バッテリーが10%を切っているという。

おかしい。

少なくとも30%は残っていた筈だ。

そう思いながらも画面を見る。

何と1%になっているではないか。

慌てて充電すると一気に50%越え。

これはおかしい。

そろそろ寿命と呼ぶには早すぎるし、iPhoneそのものが異常をきたしているとしか思えない。

取り敢えずは様子を見ているが、場合によっては修理せねばならぬ。

…面倒だ。

そんなiPhoneは現在充電中。

結論はこれからだ。

iPadから送信