オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

偏見。

旦那の友人が緊急入院することとなった。

詳細は知らないが、病院で診察を受けた際にそのまま入院…という形になったようだ。

ところで、その友人は一人暮らしで、近くに家族はいない。

入院に纏わる諸手続きを行う人間が一人もいないのだ。

そこで、旦那に連絡が入った。

至急病院に来てほしい、と。

時刻は午後7時半過ぎ。

今から支度をしても、現地に着くまでには1時間はかかるだろう。

急な依頼に戸惑いながらも、取り急ぎ病院までのルートを調べる。

大まかな流れを叩き込み、いざ出かけようとした時に今度は電話が。

聞けば、病院の看護師だという。

彼女(彼)は「とにかく、今すぐ来い」と命令調で言ったらしい。

これから出ても1時間はかかることを伝えると、ルートの変更を要求。

どうやらほんの少しだけ時間が短縮されるらしい。

問題は駅に着いてからだが、高飛車な看護師はタクシーに乗れと言う。

一分でも早く来て欲しい気持ちはわかるが、単なる友達(長年の親友であれば話は別だろう)の為にタクシーを飛ばす程旦那はお人よしではない。

電話を切った後、誰がタクシー代を負担するんだ?と憤っていたのも当然のこと。

というか、何様のつもりなんだ?と私は思う。

勿論、旦那の友人には罪はない。

頼れる人が少ないことは聞いているし、状況が状況だけに旦那が出かけるのも無理のないことだろう。

しかし、「一時も早く駆けつけるのが当然」と言わんばかりの態度をとる看護師はどうよ?

あくまで善意で駆け付けた旦那に対し、あまりにも高飛車な態度ではないか。

こういう話を聞く度、医療関係者が嫌いになる。

「常識的な人」が大半を占めることはわかっているが、一度抱いた偏見を拭い去るのは難しいのだ。