オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

iPhone5c用ケースを、オークションサイトに出品する。

今日、iPhone5c用のケースをとあるオークションサイトに出品した。

きちんと写真を撮り、商品名もネットで調べ、「箱なし・中古」と明記した上で。

必要としてくれる人がいれば良いが、正直どうなることやら。

ケースそのものは綺麗な色なので、是非とも5cユーザーに使って欲しい。

ところで、出品するにあたり、該当するカテゴリを調べる必要があった。

iPhone5c用ケースだから、まずは「携帯電話」のカテゴリだろう…と思い、軽い気持ちでクリックしてびっくり!

何と携帯電話そのもの(無論、現在は使われていないもの)が幾つも出品されていた。

その大半はスマートフォンだったと記憶しているが、中にはガラケーも混ざっていたかもしれぬ。

ご丁寧に「simカードは抜いてください」なる一言が添えてあり、中古とはいえ、まだまだ使える本体のみを購入。

後日、希望するキャリアで手続きを済ませればどうにかなるのか…と感心した次第。

その後、実際に出品されているものを(興味本位で)眺めてみたが、わざわざ「残債なし」と明記されていたのには驚いた。

当然そうあるべきでしょう…と思うのが素人考えであるのは理解出来るものの、そこまで書かなきゃ駄目?と本気で首を捻ったのも事実。

いや、書くべきなんだろうね。

トラブル防止の為にも。

そんな訳で、どうにかこうにか出品を済ませた私。

良い人に買ってもらえるといいな♪