オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

プレ販売に参加してきた。

仕事を終え、慌てて地下鉄の駅に向かう。
コンサートグッズのプレ販売に参加する為だ。
平日ではあるが、時間は午後5時を過ぎている。
流石にピークは過ぎているだろう…と考えていた私は、現実の厳しさを思い知る。
何と長蛇の列!
お蔭で道に迷わずに済んだものの、同じ方向に向かう仲間の多いこと!
地下鉄に乗った時点で、「多分、同じ場所に向かっているな。」と空気感でわかってしまう。
(しかも外れがない!)
途中、少しだけ小走りになり、列の最後尾に。
そこまでが長かったな。
いざ並んでしまえば、後は順番が回ってくるのを待つのみ。
覚悟はしていたものの、約1時間半もの間寒空の下で待ち続けるのはきつかった。
本番を明日に控え、大丈夫か?と自分でも思う。
周囲には音楽を楽しむ人もいたが、意外に音が漏れている現実を知る。
深く反省。
例え好きな音楽であっても、音漏れのそれは不快なもの。
基本、Podcastしか聞かない私であるが、それでも一方的に聞かされる身になると…ね。
とはいえ、黙って並んでいるのは辛いので、先日購入したばかりの電子書籍を読むことにする。
ダン・ブラウンの「ロスト・シンボル」だ。
どうやら私はキリスト教を絡めた小説に惹かれる傾向がある。
ダヴィンチ・コード」然り。
「天使と悪魔」然り。
作者は違うが、ジェフリー・アーチャーを知る切っ掛けとなった作品もまた「ケインとアベル」。
信仰心は一ミリもない筈だが、不思議な話だ。
で、暗闇の中読書に励む。
そのうち列が動き出し、読書を断念する。
何故なら、途中階段を下りる必要があったからだ。
私とて怪我はしたくない。
まいったなぁ、と内心思う。
ブログを更新する気力もなければ、Twitterをする気にもなれない。
せいぜい、心の中で「今日のネタ」を練り上げるぐらいだ。
そうこうしているうちに、漸くグッズ売り場に到着する。
到着したといっても、そこからまた並ばなければならぬ。
しかも売り場は複数に分かれ、目的のグッズがある場所を手早く探さねばならない。
最初に購入したのはショッピングバック(これは実際に持っている人を何人も見かけた)にパンフレット、そしてオリジナルフォトセット。
ポスターも魅力的だが、生憎我が家に貼る場所がない。
ただ、メンバーカラーを用いた筒を見た時、ほんの少しだけ後悔した自分がいる。
勿論、私が欲しかったのは「ブルー」である。
なかなか進まない列に苛立ちながらも、どうにか希望の商品を購入する。
次に並んだのは、ペンライト等を販売する売り場。
ここでの目的はペンライトとペアポーチ。
比較的空いている列を選んだので、購入はスムーズだった。
最後にクリアファイルを購入していなかったことに気付き、慌てて該当する列に並ぶ。
この時点で既にリボンブレスは売り切れ。
ちょっとだけがっかりしたが、購入したところで多分使わないだろうな。
ということで、どうにかこうにか目的のモノを全て購入。
かなり疲れたので、今夜は早めに寝ることにしよう。