オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

「適当に削除」。

俗に言うファンブログを幾つか閲覧しているが、時折見かける「編集作業」という言葉に引っ掛かりを感じていた。

我が家のブルーレイはダビングこそ出来るが、残念ながら画像の編集なんて…と本気で考えていたし、きっと最新鋭のDVDプレーヤーを所持されているんだろうな、と。

いや、無知とは恐ろしいですな。

どうやら「最新鋭ではない」(失礼!)DVDプレーヤーであっても編集が可能らしいと気付いた私は、慌ててブルーレイの品番を確認。

既に老眼が始まっている身には「紙の取説」よりも「webのPDF」が有難いのだ。

だって、自由に拡大出来るでしょ?

(若い人には理解出来ないだろうが、これは切実な問題なのだよ)

もっとも、操作方法そのものはwebサイトで確認出来たので、早速問題の録画(某24時間テレビ)を編集してみる。

最初のうちこそ確認をしたものの、慣れてくると「適当に削除」の繰り返し。

おいおい大丈夫か?と己に突っ込みをいれながらも、どうにか一枚のディスクに放り込んだ。

後は本体より削除するのみ。

旦那は「容量があるのだから、残せば良い」と考えているけど、こまめに整理しないと困ることもあるからね。

さて、落ち着いたら某歌番組の録画も「適当に削除」しようか。