オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

違和感。

必要に迫られ、義父を病院に連れて行く。

といっても、旦那が。

そこでの医師の対応に不満があったらしく、帰宅した私にぼやく、ぼやく、ぼやく…。

いや、気持ちはわかるのだ。

たまたま「まともな医者」にあたっている旦那にすれば、今日の医者は「患者のことを何一つ考えない、とんでもない奴」なんだろう。

でもね、医者なんて職業、まともな神経じゃやってられないって。(多分)

中には神様みたいな医者もいるけど、それこそ宝くじが当たる確率と同じようなものだと私は思っている。

相性の問題もあるし、必要以上に医者を批判する姿勢は正直好きではない。

(私の知人にも、そういった言動をする人がいる。大変不快だ。)

勿論、医者にはそれなりの勉強をしてもらいたいし、情報収集にも励んでもらいたい。

出来る限り患者の立場になって欲しいと願うのだが、最終的には「嫌なら、病院ごと変えてやる」ぐらいの気持ちを持った方が何かと楽じゃないかと思ったりする。

かくいう私は「病院嫌い」である。