オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

書きだすことは大事。

公にする予定はないが、この数か月の間に蠢いていた「あるブログ主への不信感」を文章に起こしてみた。

何故その人に対して不信感を抱いたのか。

その切っ掛けであるガセネタ(当然、封印した文章には具体的に書き記している)のこと。

誹謗中傷としか思えない、あるアイドルについて書き記した記事のこと。(今思い返しても、気分が悪くなる)

そして、無知が招いた恥ずかしい記事。(同じファンとして、情けなく思う)

中には「それは違いますよ」とやんわり指摘する読者さんもおられるようだが、ブログ主は問答無用でシャットアウト!

あの口調で否定されたら、誰も何も言えなくなる。(言うだけ無駄だから)

まるで「イエスマン」に囲まれた裸の王様のようだ。

で、その件について思う存分書いてはみたが、いざ発表の段階になると馬鹿らしくなってきた。

自分の気持ちを整理するには有用であっても、あんな記事を読まされては読者(但し、数は少ない)はたまったものではない。

ということで、封印してしまった。

それで良かったのだろう。