オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

色つきパウダー。

ファンデーションを塗らない女性が増えているそうだ。
それも若い女性ではなく、40代の女性に。
おいおい、それはまずいだろう?と私などは思うが、彼らに言わせれば「目じりの皺にファンデーションが食い込んでみっともないので」ファンデーションは不要なのだとか。
当然日焼け止めは塗っているし、部分メークは普通どおり施しているようだから、むしろナチュラルメーク感覚で楽しんでいるのだろう。
彼らに共通しているのは「目鼻立ちがはっきりしている」こと。
一重瞼でのっぺらぼうの私とは大違いだ。
もっとも平面的な顔のお陰で、さほど皺は気にならない。
一時期目尻に刻まれた小皺ですら、今では殆ど目立たない。
強いて言えば、瞼に刻まれた「二重もどきのライン」が加齢を象徴しているか。
さて、普段リキッドファンデーションを愛用している私にとって、仕上げ用のパウダーは必要不可欠なもの。
固形のファンデーションでも構わないらしいが、やはりたっぷりの粉で仕上げた肌は何ともいえない自己満足を味わえる。
(そう、化粧というのはまず自分が満足しなければならないのだ)
現在は光沢のある白い粉を愛用しているが、気が向いた時は色付のパウダーを使うこともある。
小麦色のパウダーはまさしく夏向き。
気になるシミもカバーできて、一石二鳥である。
というか、色付パウダーって侮れないぞ。
そういえば「蜂蜜色」のパウダーを雑誌で見たことがあるが、きちんとベースメークした肌に蜂蜜色はエキゾチックな香りさえ漂わせていたっけ。
そんなことをふと思いながら、今日もメークに力を入れる。