オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

密かな楽しみ。

文章には人柄がにじみ出る。
プロの作家であっても、無意識のうちにその人固有の考え方が露呈するものだ。
まして素人の文章であれば、何気ない言い回しにその人自身が見え隠れしている。
だからこそ、個人の日記は面白い。

ところで、私には妙な癖がある。
時折義母たちと食事会を開くことがあるが、必ずといっていいほど「料理の写真を撮影する」のだ。
正直、人間には興味がない。(おい)
撮影した写真の殆どは公開することもないけど、それでも記録として残すことに喜びを感じている。
だからだろうか、料理写真を多くアップしているブログは見ているだけで楽しいし、そこから勝手にその家庭を想像してみたりする。
そうか、人柄がにじみ出るのは文章だけではない。
こうして掲載される写真の一枚、一枚にもその人自身が見え隠れしていたのか。

そういえば昔、ある男性から言われたことがあったっけ。
「食事はね、一人で黙々と食べるのではなく、誰かと楽しく食べるのが一番だよ」と。