オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

文章の相性。<書き手と読み手の温度差>

こんなことがあった。
あるブログが面白いとの噂を聞き、早速訪問した時のことだ。
記事そのものには特別何も感じなかったのだが、コメントでの言葉遣いが私には気になった。
思い過ごしかもしれないが、まるで喧嘩を売っているように思えたのだ。
ある程度気心の知れた相手に対しての言葉であれば、それはそれで問題はないのだろう。
しかし、コメント欄の流れを見る限りでは決してそういう間柄ではなかった。
改めて記事を読み直してみる。
どうやら固定観念を植え付けられたらしく、今度は文章そのものが不快なものに感じてくる。
以来、そのブログを閲覧することはない。

ある人にとっては「客観的で、優れた文章」でも、私にとっては「読むに堪えない文章」であることは多々ある。
必ずしも「書き手側の責任」ではなく、多くの場合は「読み手側の事情」によって受け止め方が違ってくるのだろう。
それを「相性」と呼ぶには語弊があるが、残念ながら全ての人を納得させられるような文章など何処にも存在しないだろう。
私自身、出来るだけ「ありのままの心情」が伝わるように言葉を選んでいるが、それ故に曲解されても沈黙を守るしかない。
「悪意をもって」その言葉が受け止められたことが明白であったとしても、だ。