オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

これも宣伝なのか。

例えば、友達が管理する掲示板に投稿する時。
例えば、誰かのブログにコメントを残す時。
余程のことがない限り、私は自分のブログのアドレスをURL欄に入力する。
特別理由があるわけではないが、ある種の存在証明だろうか。
私自身、コメント欄に入力されているURLをクリックするのが好きだし、そうすることで新たなブログを発見することも多い。
掲示板の場合はその限りじゃないけどね。

さて、久々に友達の掲示板に足跡を残すことにした。
タイトルを入れ、名前を入れ、URLを入れる。
(メールアドレスは基本的に入れない)
簡単なメッセージを打ち込んだ後、いざ投稿へ。
ところが、だ。
URLを入力していたことが原因で投稿をはねられてしまった。

サイト管理人によりURLの投稿が制限されています。

エラーが発生してしまいました!

前のページに戻って

もう一度やり直してください(T_T)


そういえば掲示板にも「一切の宣伝を禁じる」と書いてあったっけ。
管理人にすれば「URLを記入すること」自体がある種の宣伝行為なんだろう。
気持ちはわかるけど、何とも後味の悪いエラーメッセージだった。
(その後、問題の掲示板をブックマークから削除したのは言うまでもない)

その後管理者画面を確認したところ、「URLの投稿を禁止する」という設定が存在することが判明。
スパム対策の一環だろうが、だったらURL欄も削除できるように設定すべきだろう。