オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

「感情」を伝える技術。

ある仲間の日記を読んで、はっとした。
彼女にしては珍しく、口調が厳しい。
いつもほのぼのとした日常を綴っていた人だけに、その憤りが伝わってくる。

怒りにまかせて書きなぐった文章なら、あちこちで見ることが出来る。
その怒りに共感し、コメントをする人も少なからずいるが、私は逆に醒めてしまう方。
気持ちはわかるのだが、共感できないのだ。

その点、彼女の文章は違う。
本当は腸が煮えくり返っているのだろうが、それは微塵も見せない。
出来るだけ感情を殺し、出来るだけ事実のみを綴ろうとしている。
時折顔を覗かせる「本音」がいい意味でアクセントとなっている。

言葉を選びながら、彼女はきっと自分と向き合っていたに違いない。