オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

情けない話。

派遣先では、ロッカーを使っている。
当然、鍵つき。
貴重品などが盗まれないよう、誰もが鍵をかけている。
で、その鍵がなくなるとどうなるのか。
合鍵はないので、どうすることもできない。
参った。
探せど探せど、鍵はない。
諦めかけたその時、小物入れの中からロッカーの鍵が。
ほっとすると同時に、顔が引きつっていた。

<教訓>
ロッカーの鍵は自宅の鍵と一緒にキーホルダーにつけよう。