オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

( 罪 )

「君のことは解らない」

今なら君に言えるだろうか

どんなに言葉を重ねてみても

どんなに時間を重ねてみても



「君の為に生きる」

十年前は平気で口にしたね

その傲慢さに気づくこともなく

本気でそう思えたあの頃



抱え込んだ苦悩から

その悲しみから

君を解放できると信じていた



「君のことは解らない」

今ならはっきりと君に言えるね

それは恥ずべきことではないから