オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

至福の時。

お気に入りのマグカップで飲む珈琲は
普段ブラックを好む私だが、稀に珈琲そのものの甘さを感じることがある。
砂糖の甘さにはない、控えめながら、しっかり主張する甘さ。
口に含んだ瞬間、何故かホッとする何かがある。
それは精神的なものかもしれない。
単に喉が渇いていただけかもしれない。
そんな時の一杯は、どの喫茶店にも負けない美味しさがある。