オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

独り

友に逢えた夜

夢の中に

貴方が現われた夜



一時だけの旋律

気付かぬ振りして踊る



眼が醒めぬように と

重ねた杯

交わした言葉

いまとなれば幻



朝がこんなにも辛い