オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

新しいキーボードアプリを使ってみた。

新しいキーボードアプリを使ってみた。

一応しめじも入れているけど、iPad miniだと使い勝手がイマイチ。

そこでGboardを入れた次第。

これ、意外に使える。

フリック入力が出来るし、変な癖もないし。

ブログ更新ならこれで充分。

背景も変更出来るし、当面は楽しむよ。

iPadから送信

iPhone8を見てきた

野暮用で某家電量販店に。

旦那の用事だったので、待っている間iPhone8をいじり倒していた。

正直、外見上は何も変わらないように思える。

固定されていたので、背面を見ることが出来なかったせいでもあるが。

で、肝心の操作。

やはり変化なし。

実際に使わないと実感出来ないようだ。

残念。

とはいえ、iPhone8plusは魅力的だ。

画面の大きさもいい、文字の見易さといい、老眼の身には有り難い。

…買っちゃおうか?

 

 

勿論、購入予定はない。

物欲は刺激されたが、理性はある。

あと1年、楽しみに待つつもりだ。

人身事故の影響で地下鉄が止まった。

いつものように地下鉄に乗る。

とある駅に停車した際、停車時間がいつになく長かった。

何故発車しない?とまで思ったものの、程なく動き始める。

この時、車内アナウンスでは人身事故の影響でダイヤが乱れると伝えていた。

それでも地下鉄は動く。

この調子だと何とか帰れそう。

そう思った矢先、次の停車駅で運転見合せを知る。

このまま乗車してもどうにもならないのだ。

幸い、別の交通手段を使えば最寄り駅まで行ける状態だった。

急いで地下鉄を降り、改札を抜け、別の私鉄駅へと足早に歩く。

予想以上に遠かったけど、それでも車内に拘束されるよりはマシだ。

タイミングよく電車が到着していて、しかも空いていた。

最寄り駅はそこから二駅。

座席に座るよりもドアの近くで立っていたかった。

そうして到着した最寄り駅。

なんだか疲れたけど、無事に帰ることが出来て良かった。

と同時に、自分にとって都合の良い駅で地下鉄が運行停止したことにも感謝。

iOS11とジャニヲタと。

アップデートの季節になると、内心不安になる。
そろそろ更新が打ち切られるのでは?とびくびくしてしまうのだ。
案の定、iPhone5が対象から外れた。
ゲーム用として旦那から貸与されたもので、今の所支障はないが、やはり寂しい。
戦力外通告を受けた気分だ。
尤も、そのお陰で動作するアプリもある訳で、当面の間はとことん使い倒す予定だ。
一方、購入時期すら覚えていないiPad mini(恐らくiPad moni2に該当するのだろう)は無事にアップデート。
こちらもゲームでしか利用していないが、以前に比べてサクサク。
正直動作が鈍くなることを覚悟していたので、思わぬ誤算に顔もほころぶ。
当然、iPhone7はサクサクで、これといったトラブルは見受けられない。
一部アプリが未対応だが、これとて時間の問題。
いざとなればiPhone5があるし、その気になればどうにでもなるのだ。
そんな中、Twitterに気になるツイートが。
発信者はジャニヲタのようで、今回のアップデートに関する注意を鵜がなしている。
その人曰く、Johnny's WEBは32ビットなので、iOS11では動作しない。それ故、アプリのアップデートを待ってiOSをアップデートすべきだ、と。
当然このツイートに反応するヲタがいて、当面アップデートは見合わせるとほざいている。
「人柱になりたくないから」アップデートを控えるのではなく、「Johnny's WEBが動かないから」アップデートを控えるという。
どうやら彼らは気付いていない。
Johnny's WEBは更新を停止し、以後プラウザからのログイン方式に切り替わったことに。
予めトップページをブックマークしておくことで、iOS11になっても自由にログインすることが可能なことに。
殆どの会員はこのことに気付いているが、一部のヲタには届かなかったようだ。
因みに、Johnny's WEBのアプリそのものが現在ダウンロード出来ない状態になっている。(ある方法を使えば不可能ではないけど)
そのことに気付いた時、ヲタたちはどういった反応を示すのだろうか。

一応、自制心はあるが。

某携帯ショップで赤のiPhoneを見かけた。

思わず店内に入りそうになった。

 

勿論、入らないよ。

生憎DoCoMoじゃなかったし。

それ以前に、このiPhone、まだ一年目だし。

でも、赤は良いな。

里帰りの時期を考える

実は五年日記をつけていて。

漸く三年目に入ったのだが、そこに記していた時ちょっとした偶然に驚いてしまった。

それは台風。

去年の里帰り時期と、今回の台風。

もろに時期が重なっている。

甚大な被害をもたらした点も。

思えば、去年は空港でひたすら祈っていたっけ。

何とか飛行機がとびますように、と。

で。

来年も同じ時期に里帰りを予定しているけど、真剣にずらした方がいいかも、と思っている。

まだ何も決めていないけど、条件さえ揃えば10月でもいいのかな。

そんなことを考えている、連休最終日の私。

加齢も悪くない

私は一重まぶた。

おまけに目が細い。

子供の頃からコンプレックスだったことは言うまでもなく。

とにかくパッチリお目々になりたかった。

 

二重まぶたに憧れた割には、整形は考えなかった。

年齢と共に少しだけ目が大きくなったこと。

アイメイクを施すだけで実物よりも大きく見えることに気付いたからだろう。

事実、多くの人から化粧映えする顔と言われてきた。

凹凸のない、平面的な顔だからこそ出来るメークもあったようだ。

残念ながら私にはテクニックがないけど、それでも別人28号になれるのは嬉しいことでもあった。

 

とはいえ、幾つになっても一重は一重のままだった。

 そのうち皺が増え、我がまぶたにもくっきりとした皺が刻まれた。

それ自体は全く気にしていなかったが、ある時自分の目に異変があることに気付いた。

メークをした後の顔が二重になっていたのだ。

勘の良い人ならお気付きだろうが、目の錯覚で二重に見えたのである。

ほんの少し、濃いめのアイシャドウをまぶたにのせただけなのに。

たまたまそれがシルバーグレーだっただけなのに。

 

このことに気付いてから、加齢が怖くなくなった。

皺が刻まれたからこそ、簡単なアイメイクで二重に見せることが出来る。

ついでに目力もアップし、自分的には嬉しい限り。

肌そのものも悪くない状態だし、今が一番メークが楽しい。