オオカミの遠吠え通信

限りなくブラックに近いグレー。

大切なのは自身の意識を変えること

不快なツイートを見た。

言いたいことはわからなくもないが、個人攻撃をした時点で「その程度の輩」。

無意識のうちに誰かを傷付けるのが私たちなのだから、「あなたの何気無言葉に傷付く人がいることに気付いてください」と啓蒙すべきなのに。

というか、無意識のうちに「あいつ、ブスだな」とか言ったことがあるでしょ?(笑)

それは差別にならないのかな。

大袈裟だと言われそうだけど、結構傷付く人は多いのよ。

性格まで歪む人もいる。

そんな些細な言葉の延長線上に差別意識があると私は思います。

だから、声高に叫ぶ人は信用しない。

悲しげに、でも憐れむような視線で微笑む強さを持った人なら「ごめんなさい」と言えるけどね。

人権侵害について少しだけ考えてみた。

人権意識が高い人に聞いてみたい。
一度でも他人の人権を侵害したことがないと言い切れるのか、と。
それとも、過去の行為を恥じた上での人権意識なのか、と。
きっと「そうだよ」と言い張るだろう。
流石に前者はいないだろうけど、自信を持って「過去の自分を恥じて」と言い張るだろう。
では、現在進行形ではないと言い切れるのか。
如何なる場合でも、目の前の相手の人権は侵害していないと言い切れるのか。
悲しいかな、私は日々相手の人権を侵害している。
言葉にするか否かは別として、無意識のうちに侵害している。
自覚があるからこそ、声高に叫ぶ人に嫌悪を覚える。
気持ちは理解出来ても、賛同が出来ないのだ。
例えば、目の前の女性に対して(美しくはない」と思うこと。
それが事実であっても、相手にとっては失礼なこと。
そんな思いの延長上に人権問題がある。
私はそう考えている。

それでもradikoプレミアムはやめない。

どうしても聴きたい番組があった。

以前はドコデモFMでしか聴くことが出来ず、どうしてもリアルタイムで聴きたかった私は課金していた時期がある。

その後リアルタイムでは聴けない状況になり、止むを得ず課金を解約。

程なくしてradikoに加盟したとの情報が流れてきた。

しかもタイムフリー対応で。

これは聴くしかない。

迷わずプレミアム会員に登録、週に一度の放送を心待ちにしていた。

ところが、突然番組はリニューアル。

きっと今の形が好きな人もいるだろうけど、私は駄目だった。

聴いていても面白くないし、いろんなものが透けて見える気がした。

幸い、番組はpodcastに対応している。

だったら、そっちで聴けばいい。

 

さて、radikoプレミアムだが、現在も継続している。

実はその番組が切っ掛けで聴くようになった番組があり、そちらは以前と変わらぬ楽しい雰囲気を醸し出している。

当然リアルタイムで聴きたいし、podcastでも聴きたい。

だから、プレミアムは解約しない。

 

それにしても、どうしてリニューアルって失敗が多いんだろう。

魅力が半減したことにも気付かず、本人だけが満足なのだろうか。

 

季節の変わり目

急に涼しくなったせいか、社員さんが体調を崩したらしい。

昨日は1日お休みで、今日は午後から早退。

他人事とは思えず、私も気をつけないと…と真剣に思う。

というか、最近胃の調子が^^;

そんな私を楽にしてくれるのはアールグレイ

主に派遣先で飲むのだが、心なしか胃の不調も和らぐし、何より気持ちが落ち着く。

たった一口でもリフレッシュ出来るんだよね。

とはいえ、これからますます寒くなる訳だし、体調管理は慎重に行わないとね。

組織人としての言動を考えてみた

とある法人よりメールがきた。

年末に予定されているパーティの連絡だ。

ただそれだけの内容だが、実は受信者欄が凄いことになっていた。

 

f:id:ippikiohkami:20171012083919j:image

 

これが個人であれば「その程度の人」と割り切れただろう。

今後の付き合いに影響するとはいえ、無知な(若しくは無神経な)人が犯した過ちと思えるから。

しかし、相手は法人格。

知らなかったでは済まされない。

その後謝罪のメールが入っていたが、恐らく受信者の一人(いや、複数か)から強めの抗議を受けたのだろう。

組織人として行動する際の留意点を思い知らされる出来事だった。

(所詮、その程度の組織と思ってはいたけどね)

 

アールグレイをホットで。

戴き物のアールグレイが気に入り、早速某所でティーバックを購入する。
(いきなり茶葉を購入するのはハードルが高かったので)
最初に購入した銘柄は香りも強く、色々な意味で私好みの味だった。
ところが、二番目に購入したものは香りが今一つ。
やはり最初に購入した茶葉が私の好みに合っていたのか。
そんな折、缶入りのアールグレイをプレゼントされる。
開缶と同時に漂う香り。
少し強めの香りが私好みで、早速アイスティーで楽しんでみた。
某社のティーバックとはちょっと異なる味わいで、何とも贅沢な気持ちに包まれたことを覚えている。
さて、秋の兆しが感じられるこの頃はホットティーで楽しんでいるが、アイスの時とは比べ物にならない爽快感が私にはたまらない。
実は某輸入食品店で幾つかの茶葉をチェックしたのだが、予想以上に種類が多くて、頭を抱えてしまった。
けれど、この茶葉に出会ったお陰で「どの茶葉が自分の好みか」を探し求めるのも楽しみの一つと悟る。
とはいえ、今飲んでいる茶葉以上のものが見つかるとは到底思えず、結局同じ銘柄を購入するのだろうけど。

疲れた

よくある話ではあるけど、パスワードを失念した。

メモをしている筈なのに、エラーが出る。

困った。

 

 

…I.D.間違えていただけだった^^;

 

 

大文字と小文字、きちんと区別するのよね。

大文字だったと思ったけどな。